TEL : 0197-23-2974
※お問合せの際は「奥州NAVI」を見たとお伝えいただくとスムーズです。

[水沢区] 有限会社 及春鋳造所

900年の歴史を持つ南部鉄器。伝統工芸を現代の技術で・・・当社は工芸品を扱って45年。鉄瓶、急須、風鈴等は業界第一の生産力を誇っており、国内外にお届けしています。


オススメ

南部鉄器について
その祖藤原清衡が中尊寺建立の悲願を立て、近江の国より招いた鋳物師達に多くの仏具を作らせたことに始まると伝えられています。
鋳物が水沢に栄えた原因として、北上川流域の良質な川砂、北上山地から鋳造に使われる砂鉄や粘土、原料となる鉄は近隣の江刺、気仙、東磐井から鋳 造に入手できたことです。
「伝統工芸品」として全国第一号の指定を受けた南部鉄器、本物だけがもつ品格を九〇〇年の伝統にたくしてお届けいたします。
南部鉄器祭り
毎年10月の第一土曜日と日曜日に南部鉄器祭りが開催されます。
祭りには、地元の工房が南部鉄器製品を持ち寄り販売するだけでなく、組合の部 会による焼き肉のお店や、いろいろな食べ物の屋台イベントでは鉄下駄飛ばし大会、風鈴の絵付け等イベント満載です。
その日にしか買えない南部鉄器の掘り出し物もあります。
鉄瓶の扱い方
鉄瓶を最初に使い始める時は、1〜2度お湯を沸かして捨てて慣らして下さい。 その後にお湯を沸かして使用し始めます。お湯を沸かし終えましたら、鉄瓶が暖かいうちに中のお湯を切り、蓋を少しずらして鉄瓶の中の水分を飛ばします。鉄瓶を洗うときは、外側を軟らかいスポンジなどで撫でる程度に洗い、内側は水でゆすぐくらいにします。内面に小さな錆が出た時は、お茶っ葉の出がらしを入れて、数分煮出します。(錆取り効果あり)長い期間使用しない時も使い始めに同様にお茶を煮出してから使いましょう。

基本情報

名称 有限会社 及春鋳造所(OIHARU CASTIRON STUDUO)
TEL 0197-23-2974
※お問合せの際は「奥州NAVI」を見たとお伝えいただくとスムーズです。
アクセス ・東北自動車道 水沢ICから車で約15分
・東北新幹線 水沢江刺駅から徒歩約10分
所在地 〒023-0132 岩手県奥州市水沢区羽田町字下屋敷37
HP http://www.oiharu.com

アクセスマップ

関連記事

ページ上部へ戻る