「この町は他に無く、ここだけにしかないもの」というこだわりがしっかり見える町を作り、そのひとつひとつをみんなが認め合える、一人一人が認め合える、そしてその中から大きな力が沸き起こるような、そんな町をつくりたい。

取材・文: 奥州NAVI編集部 ポートレート写真: 奥州NAVI編集部


ー市長が子どもの頃の、奥州市(旧水沢市)の町の思い出を教えてください。
今と違ってすごく賑やかで、子どもも人もたくさんいました。ところが、町が綺麗になっていく都度、人が少なくなっていく・・・という状況です。子どもの頃はとても賑やかな町でした。その賑やかさをもう一度取り戻したいと思っています。
ー市長の学生時代は、どんな学生さんでしたか。また、部活以外に打込んだ趣味などはありましたか。
中学校の頃は体操部でした。高校ではラグビー部で、ラグビーを一生懸命やっていました。みんなと和気あいあい、やんちゃをしながら過ごした学生時代で、とてもエネルギッシュな時代だったという気がします。元気いっぱいでした。今の子どもたちと違って、遊ぶなら遊ぶという事に集中していた学生時代でした。部活以外では、まあ、いろんなことがありましたが(笑)。友達と遊んだり、あとは勉強を。勉強は少しですが(笑)。
ー社会人になってからの、若い頃の志を教えてください
家業の商売がありましたので、家業をしっかり継いで、家業を少しなりとも大きくしたいという思いはありました。そして、この町に住んで楽しいと思えるような、そんな町になってほしいということで、青年会議所の活動を一生懸命やって、町づくりに力を尽くしました。ご質問の、何か理念というものがあったかということで言うならば、結婚して子どもが4人、その子どもたちも含めて、みんなが愛着を持てる町になってほしいという一念で、議員、あるいは市長として、今も力を尽くさせていただいております。
ー大の音楽好きと伺っておりますが、どんなジャンルがお好きですか
今はそれほど聴きませんが、学生時代はよくジャズを聴いていました。そういう意味ではジャズ系の音楽が好きだということになるのかもしれません。 サックスであればコルトレーン、ピアノであればマッコイ・タイナー、ベースだと、ここにもゆかりがあるレイ・ブラウンが割と好きでした。トランペットはご多分に漏れずマイルス・デイビスということになるわけですが。ちょうど学生時代、私が東京にいた18才から28才までの1970年代から80年代にかけては、ブルーノートなどの全盛を過ぎた終わり頃でしたが、まだまだそういう音楽を好む人達が多くて、その影響でということです。音楽で言うと、わかりやすく言えば、アルバムで100万枚くらい出しているアーティストはみんなすごいなと思っています。例えば、松任谷由実、サザンオールスターズ、山下達郎というような。たくさんのアルバムを出して、アルバムを出した都度みんなに支持を受けているアーティストの作る音楽というのは、やはりとても素晴らしいものが多いのではないかと思います。
ーご自身で楽器をやられていたことはありますか
ギターを少し。中学生や高校生の頃に。今は全然ですが。我々は吉田拓郎とか井上陽水の時代ですから、その頃はフォークと言われるような物にも若干憧れて。当時はヤマハかモーリスかと言われた時代で、モーリスのギターを買ってフォークギターを少し弾いたことがあります。楽譜は読めずにコードだけを追ったということですけれども。
ー最後に、私たちはオウシュウナビというポータルサイトを運営しておりますが、そのポータルサイトを見ている人たちに、何かメッセージをお願いできますでしょうか?
奥州NAVIは、様々なジャンルからのエントリーがあると思います。そのひとつひとつが、良い物も、もっと良くなる物もあると思うのですが、その中で、みんなが奥州NAVIに関わり、そこから情報を得る、情報を発信して行く・・・ということで、自分達の町がますます良くなっていってほしいと思うし、自分達の活動の範囲が広がって欲しいと思います。その意味で、奥州NAVIさんが果たすポータルサイトの役割がますます重要になってほしい、というふうに思います。
ー今後の奥州市のビジョンをお聞かせください。
ここに住むことに意味を持っている人、いろんな事情で住まなきゃいけない、または住みたいという方々がたくさんいらっしゃるわけですが、そういう方々にとって、どういうふうなポイントにおいても、「この町は他に無く、ここだけにしかないもの」というこだわりがしっかり見える町を作り、そのひとつひとつをみんなが認め合える、一人一人が認め合える、そしてその中から大きな力が沸き起こるような、そんな町をつくりたい。だから、「どこにでもある」ではなく、「奥州市にしかない」という、そんな魅力をたくさん備えた町として、さらに発展させていきたい、というふうに思っています。 (このインタビューは2014年6月に行われたものです)

今回のHUMAN NATURE人
奥州市長
小沢昌記
昭和33年6月16日生まれ
血液型:O型
趣味:

関連記事

ページ上部へ戻る