奥州市の音楽好きのレコメンド。題して「FLYING DISC」
市内の音楽人に、オススメの音源3枚を選んでもらうコーナーです。
あなたのMUSIC LIFEにスパイスを☆

レコメンダー
MOTTY
毎月第2日曜に、秘密保護法反対、憲法解釈変更反対、原発反対を訴える市民ウォーク、主催側です。 アル中ぎみな自分が動いたら、近くにいるだろうヒトリフタリには伝わるんじゃないかな、という気持ちで参加したのがキッカケです。 コーナー的に逸脱した話、すみません! 音楽的には、不定期にdjなんぞやらせてもらってます、。 いやぁ〜ここ岩手でも、やっとあったかくなってきましたね!そして、最近、自分の周りではベビーラッシュのようで。。 ということで今回は春らしく、お子様とも楽しめる、優しくドリ〜ミ〜なインストものを三枚におろしてみました!簡単に言えば眠くなる系です。 アマゾンとかiTunesで買えます。 ご興味あればゼヒゼヒ。

takemura nobukazu/mirano
子供といえば、childiscというレーベルをやってた竹村延和さんは外せなかった、。 このアルバム、まるで、天空の城にでもいるかのような優しいトリップ感。イッセイミヤケのショー用に作ったらしいですが、そこはどうでもいい。 この作品、彼の最高傑作ではないでしょうか!(ファンの方いたら、すみません) このアルバム、シャンパンとあいます。
tortoise/tortoise
シカゴのバンド。セカンド以降が評価高いのかなぁ、でも自分は、このファースト。 まず、音がチープ。だから伝わる、この下手なピース感。きっと、学生の頃に感じた、木枯らしの吹く秋の、あのキュンとした胸をしめつける気持ちを思い起こさせてくれることでしょう! このアルバム、熱燗ですね。
aphex twin/selected ambient works Ⅱ
音の無い音源を集めたレコードが人気を集める昨今、よほどマニア的でない限り、この程度のアンビエント感が好まれるのではないでしょうかっ!ツバ飛びそうな勢いでスミマセン。色々と迷いましたが、最後はベタなクラシックスを挙げさせていただきました。 Ⅱのほうです。 胎児教育的にもオススメです。 このアルバム、、ブランデーとかでいんじゃないでしょうか。 とにかく強めでイケ! です。
レコメンダー
1978年、奥州市生まれ。 地元をこよなく愛し、高校の頃から、弾き語りや、バンドで活動を続けている 現在「foxrain(+)」に在籍、その演奏力と表現力は、多方面より、高い評価を受けている 奥州のバンド「Bull pain catcher」と、共同企画「SOUNDHOPE」というイベントを定期的に開催。 奥州のロックシーンを盛り上げるべく、奮闘中である。

INCUBUS / Make Yourself
音楽を始めようと思ったキッカケとなる一枚 メタルの曲の中に、民族楽器のジャンベが取り入れられている事に痛く感動し、後にジャンベを購入しました(笑)
amazarashi / 爆弾の作り方
今まで、歌詞を聞きながら音源を聞いた事が無かった私が、初めて歌詞カードを手にしながら聞いた一枚。 こんな考え方もあるんだ、こんな感じ方もあるんだ。と、深く考えさせられる楽曲を、是非聞いていただきたい。
tricot / THE
変拍子がふんだんに取り入れられているのに、全く聞きにくくなく、むしろキャッチーで口ずさんでしまう。 楽曲の構成、演奏力、音源の完成度、全部まとめて、本当に素晴らしいんです。

関連記事

ページ上部へ戻る