Vol.04 平成26年度 奥州水沢42歳厄年連 紐輝会(チュウキカイ)

取材・文: 滝田 晃弘 ポートレート写真: 奥州NAVI編集部


我々が育んできた思いと、地域の皆さんの気持ちを受け止め、その一つ一つを紡ぎ合って「強い絆」にしていきたい!

ー紐輝会(チュウキカイ)さんの概要を教えていただけますか
基本的には、平成26年度の日高火防祭の賛助出演のため準備してきました。その一年間の中で地域で出店を開くなど地域の皆様に私たちの名前を知ってもらえる活動を行ってきました。そして、総会等を経まして、演舞の練習が今年1月過ぎから会員向けに始まりました。
その後は、役員一同で福祉施設や幼稚園の節分祭にも「年男出演」したりしました。その他には保育園のひな祭りで、触れ合い遊びや、舞を行いました。また、4月中旬には福祉施設で慰問活動を行う予定です。
これから一年をかけて、地域のお祭りやイベントで演舞を披露することになります。
ーお祭りに対する意気込みを教えてください
今回のお祭りの準備に携わる前は、地元のお祭りや地域に対する思いが強い方ではありませんでした。しかし、様々な活動を通して市民の皆さんとお話しすることによって、お祭りに対してそれぞれの思いがあることを知りました。その気持ちを受け止めていくと、地域にとってこの火防祭りがどれほど大切な物であるかが分かりました。
私たち「紐輝会」は紐という字を書きますが、家族や友達という大切なものや、我々が育んできた思い、地域の皆さんの気持ちを受け止め、その一つ一つを紡ぎ合って「強い絆」にしていきたいと思います!
ー紐輝会さんのアピールポイントをお願いします
今回の演舞は「原点皆輝(げんてんかいき)」と銘打ち、準備を進めてきましたが、みんなで一本一本繋がっていくというコンセプトをもとに、全てを完全オリジナルで作っているんですね。歌詞については今年1月の総会の際にみんなからワンフレーズずつ公募して、それをもとに曲と合わせました。振り付けにも一つ一つ意味を持たせています。また、衣装や花車も同級生がデザインを作成してくれて、目や耳など、五感で感じてもらえるものがたくさんあります。役員は少ないですが、一人一人が持てる力を出してもらい、お互いの良いところを認め合いながら進めている良い仲間たちがそろっています!そのため、少人数でもいい物を作り上げていくことができると思いますし、それが多くの同級生にも伝われば幸いです!
ー奥州市に対しての思いを聞かせください
多くの皆さんにご協力していただきながら、この大舞台へと押し上げていただくことになりますが、同級生が集まり踊り、その喜びを地域の皆さんにも伝えることで、このような活動をしてみたいと次の世代の皆さんにも感じてもらいたいです。こういった心の豊かさのある故郷を、私たちはしっかり受け継いで次の代へと渡していきます!!
ー奥州NAVIをご覧の方にメッセージお願いします
WEBサイトなので、奥州市以外の方もご覧になっていると思いますが、是非このお祭りを見ていただいて奥州市がもっている心の豊かさや人の温かさを感じてもらい、また、演舞を見てもらい私達「紐輝会」を知っていただきたいと思います!!
ー取材を終えて
練習風景を見学させていただきましたが、「生バンドの演奏」「歌詞」「演舞」と、全ての要素が一本一本の紐で繋がっているよう目に映りました。会長さんが話していた「お互いの良いところを認め合いながら進めていく」ということが、そのままパフォーマンスに表れていました。
紐輝会さんの演舞のコンセプトは「原点皆輝」。オリジナリティー溢れる演舞を、ぜひお祭り当日に体感してください!出演の準備でお忙しいなか、取材にご協力してくださりありがとうございました!

今回のDREAM WARRIORS
平成26年度 奥州水沢42歳厄年連
紐輝会

関連記事

ページ上部へ戻る