Vol.02 颯人和太鼓乃会(サッツ和太鼓の会)

取材・文: 滝田 晃弘 ポートレート写真: 奥州NAVI編集部


西洋音楽にない何かを感じ、間合いやあまりカクカクと決まった物ではなく、精神的な音楽という物が「和太鼓」にはあるような気がします。

ーサッツ和太鼓の会の概要を教えて頂けますか
平成5年に結成して、今日まで活動を続けています。 活動を通じて子ども達も増えて、平成18年にジュニアチームを立ち上げ公益財団法人日本太鼓財団が主催するジュニアコンクールの参加を目標に練習を重ね、お陰様で昨年度優勝し岩手県代表として全国大会に出場させて頂きました。  

それ以外に地域の各イベントに参加させて頂いています。演奏は大人だけで演奏する曲、子どもだけで演奏する曲、一緒に演奏する曲と様々な構成で練習をしています。
ーサッツ和太鼓の会の音楽の特徴はありますか
和太鼓の歴史的な物を大切にしながら、幅広い可能性を追求する集団です。シンセサイザー等を駆使しての楽曲も有ります。
ー和太鼓の魅力を教えて頂けますか
個人的には若いころから音楽活動は行なっていましたが、平成5年に娘が保育園を卒園するにあたって、役員がお別れ会に催し物を行う機会があり、そこで太鼓をお借りして演奏したのがきっかけになっています。西洋音楽にない何かを感じ、間合いやあまりカクカクと決まった物ではなく、精神的な音楽という物が和太鼓にはあるような気がします。そこに日本の武道や精神、舞踊の要素が入っているような気がして、独自の奥深い世界があるような、そんな和太鼓という音に魅了されています。
ー子供達も楽しんで演奏していますね
んー、楽しむようになったのですね(笑)。最初はほとんどの子が泣きましたね。しかし練習を重ねる度にいつしか毎回欠かさず練習に来るようになり、太鼓の楽しさを感じているのではないでしょうか。
ーサークルのアピールをお願いします
昨年、岩手県代表になり、全国大会に出場をさせて頂きました。それがきっかけで子供達の気持ちも向上し、ますます基本練習に時間をかけるようになり、出来ない事が出来るようになってきた喜びを感じとっているようです。「自分で体験したことを、間違いがないように伝えていく」という方針で指導しています。
ー奥州NAVIをご覧の方に一言お願いします
会員を増やして活動内容を濃くして行きたいと思います。もちろん太鼓の楽しさを知ってもらうのは当然ですが、武道や作法も含め、若い方々に対して広い意味での子育ての一環になるのではないかと思います。
ー[取材を終えて] 記者:奥州ナビ編集部 滝田
実際に和太鼓の演奏を間近で体感し、耳からではなく体に一音一音響くというか、まるで自分のDNAに組み込まれているかのように、和太鼓の響きがとても心地よく感じました。和太鼓は形も音色も、誰もが知っている日本の打楽器ですが、意外にも間近で聞いたことがないという方も多いと思います。

7/6には、公益財団日本太鼓財団主催する「全日本和太鼓フェスティバル」が、奥州市文化会館Zホールにて13:00から開催されます。12/14には「奥州太鼓フェスティバル」が、奥州市文化会館Zホールにて13:00から開催されます。
是非、迫力ある和太鼓の演奏を体感してみて下さい。
ー【LIVEで行なわれている鼓次郎太鼓教室の紹介文】
和太鼓を通して健康な身体作りと健全育成を目指し活動をしています。エクササイズや体力作り、ストレス発散、日頃の運動不足解消など、様々な目標を持った方が活動してます。老若男女問わず誰でもご参加できます。見学希望は、お気軽にこちらまでお問い合わせください。

颯人和太鼓乃会
☎ 0197-24-8606

今回のDREAM WARRIORS
颯人和太鼓乃会

関連記事

ページ上部へ戻る